生理中・生理前のむくみ対策!原因とすぐにできる3つの解消法

生理前や生理中に身体がむくんで辛い!と言う人は多いと思います。ただでさえ気分が落ち込む生理の時期に、むくんで身体がダルいし太って見えるなんて最悪ですよね…

 

じつは、生理前・生理中に身体がむくむのには理由があるんです。その理由をわかった上でむくみ対策ができれば生理前・生理中のむくみを緩和することができます。

 

なぜなら、医師が書いた本やネット上の情報を調べた結果生理前・生理中のむくみの原因は明らかになっているからです。原因がわかれば対策もできますね!

 

ここでは、生理前や生理中に身体がむくんでしまう原因とその対策についてわかりやすく伝えていきます。

 

この記事をしっかり読んでもらえれば、生理前や生理中にむくみで悩む事がすくなくなります。是非、最後まで読んでくださいね!

 

生理前・生理中のむくみの原因

生理前のむくみの原因は「プロゲステロン」

生理前のむくみの原因は、女性ホルモン「プロゲステロン」が普段よりも多く分泌されることです。

 

プロゲステロンは、別名黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。

 

プロゲステロンには、受精卵の着床にそなえて子宮内膜を充実させる役割があり、そのために、普段より多くの水を身体に蓄える働きがあります。

 

プロゲステロンの働きで、身体に多くの水が取り込まれると、その一部がむくみとなって身体に蓄積されてしまいます。

 

生理中のむくみの原因は「エストロゲン」「プロゲステロン」の減少

生理中は、女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」はどちらも減少します。

 

女性ホルモンの量が減ると、新陳代謝が低下して血行不良がちになります。

 

身体全体が血行不良気味になると、一部の血管で血液がしっかりと循環せずに滞ってしまいます。

 

血液の流れが滞ると、血管表面の眼に見えない小さな穴から血液中の水分が沁みだしてむくみとして身体に蓄積されます。

 

生理前・生理中のむくみ対策

ここでは、生理前・生理中のむくみ対策についてむくみを予防する「予防法」と即効性のある「解消法」に分けて解説していきます。是非、参考にしてください。

生理前・生理中のむくみ予防法

生理前・生理中のむくみ予防法には次の3つがおすすめです。

 

  1. 普段から運動をすることで、筋肉のポンプ作用を強める
  2. 弾性ストッキングを着用する
  3. 塩分の摂取を控える

 

ここでは、3つの方法に関して、それぞれもう少し詳しく解説していきます。

 

取り入れられそうな予防法があれば、是非生活に取り入れてみてください。

 

普段から運動をすることで、筋肉のポンプ作用を強める

普段から毎日運動をしているアスリートは身体がむくむことが少ないそうです。

 

これは、筋肉が動くときに血液の循環を促す「筋ポンプ作用」がしっかりと働いているためです。

 

むくみの原因の1つに血行不良があげられますが、筋肉がある人は筋ポンプ作用が強いため血行不良になりにくいです。

 

そのため、日頃から適度な運動を習慣にすることで、強い筋ポンプ作用を身につけることが生理前・生理中のむくみ予防に繋がります。

 

弾性ストッキングを着用する

弾性ストッキングの着用も生理前・生理中のむくみ予防に効果的です。

 

弾性ストッキングは、足首の圧力が一番強く上にいくに従ってだんだん圧力が弱くなっていくことが特徴のストッキングです。

 

この圧力の違いによって、血液を上から下に送り返す「筋ポンプ作用」と似た作用が期待出来ます。

 

そのため、血行不良が原因の生理中のむくみ予防に効果的です。

 

塩分の摂取を控える

塩分の摂取を控えることもむくみ予防に効果的です。

 

そもそも塩分の取り過ぎはむくみの原因になります。塩分(ナトリウム)には、身体に水分を保持する働きがあるため、取り過ぎると水分過多になるからです。

 

とても大雑把に説明すると、人間の身体はとった塩分に対して約7倍の水分を溜め込むようにできています。

 

そのため、生理前・生理中にかかわらずむくみに悩んでいるのであれば塩分控えめの食事をこころがけることをおすすめします。

生理前・生理中のむくみ解消法

生理前・生理中のむくみの解消法には、次の3つがおすすめです。

 

  1. 空中自転車こぎ運動をする
  2. マッサージをする
  3. 足の甲を弾性包帯で巻く

 

ここでは、3つの即効性のあるむくみ解消法に関して少しだけ詳しく解説していきます。

 

辛いむくみを今すぐに解消したい場合に参考にしてください。

 

空中自転車こぎ運動をする

出典:『むくみ体質をあきらめない』 平井正文 廣田彰男 中村正人 鈴木加奈子 共著 出版社:株式会社メディカルトリビューン

空中自転車こぎ運動は、即効性のあるむくみ解消法としてとてもおすすめの方法です。

 

やり方は簡単で、図の様に寝転がって足を上に上げ自転車をこぐように足を回すだけです。

 

激しい運動をする必要は無くて、1分間に10回程度の自転車こぎを5分〜10分続ければOKです。

 

足のむくみは血行不良が原因なので、心臓より高い位置に足をあげ運動をすることで血行不良を瞬間的に解消することでむくみスッキリします。

 

マッサージをする

リンパマッサージも即効性のあるむくみ解消法としておすすめの方法です。

 

下図を参考にマッサージをすれば、少しずつむくみがとれていくでしょう。

 

リンパ管は、皮膚の表面にあるため、あまり力を入れずなでるようにマッサージをすることがポイントです。

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

足の甲を弾性包帯で巻く

足の甲を弾性包帯で巻くことも、むくみ解消に効果があります。

 

最近では、足のむくみの原因は「抜け道血管の暴走」であるとも言われています。

 

抜け道血管の暴走に関してはこちらの記事で詳しく書いたので、説明を省略します。

 

足の甲を弾性包帯で巻くことで、抜け道血管を押さえ込んで正常な血液の循環を促す事で血行不良が改善される方法です。

 

包帯の巻き方は次の図を参考にしてみてください。

 

出典:『足の甲を巻けばむくみは治る!』  佐藤達朗 著  自由国民社 出版

出典:『足の甲を巻けばむくみは治る!』  佐藤達朗 著  自由国民社 出版

出典:『足の甲を巻けばむくみは治る!』  佐藤達朗 著  自由国民社 出版

出典:『足の甲を巻けばむくみは治る!』  佐藤達朗 著  自由国民社 出版

 

 

生理前・生理中のむくみ対策まとめ

今回は、生理前・生理中におこるむくみの原因と対策についてまとめました。

 

結果、生理前・生理中のむくみの原因は女性ホルモン「プロゲステロン」が主な原因であることがわかりました。

 

生理前・生理中のむくみを予防する方法としては

 

 

  1. 普段から運動をすることで、筋肉のポンプ作用を強める
  2. 弾性ストッキングを着用する
  3. 塩分の摂取を控える

 

の3つをおすすめします。

 

また、生理前・生理中のむくみを今すぐ解消したい場合は

 

  1. 空中自転車こぎ運動をする
  2. マッサージをする
  3. 足の甲を弾性包帯で巻く

 

の3つの方法を試してみることをおすすめします。

 

当記事であなたの辛いむくみ解消に少しでも役立てれば嬉しいです。

 

むくみとおさらばして快適な毎日を送れることを願っています。