【パンパン解消法】むくみの原因と対策!有効な食べ物&レシピまとめ

デスクワークや立ち仕事の人の多くが悩まされるむくみ。夕方になるとパンパンで痛みすら感じるむくみは辛いですよね。

 

実はそのむくみ、食生活を見直すだけでましになるかもしれません。

 

実際に私も、食生活を改善しただけでむくみがだいぶましになりました。

 

今回は、むくみの原因とむくみ対策に有効な食べ物や控えるべき食べ物について紹介していきます。

 

最後までしっかりと読んで頂ければ、あなたのむくみも少しはましになると思います。是非参考にしてください。

 

むくみの原因とは

対策だけを知っているより、原因を知った上で対策を知る事で対策への理解が深まり高い効果を得やすくなります。

 

そのため、先にむくみの原因から紹介していきます。そんなことよりむくみに効く食べ物を知りたい!という人はココをクリックしてください。

 

さて、むくみの原因は主に次の3つです。

 

むくみの3つの原因

  • 血行不良
  • 筋ポンプ作用の低下
  • 塩分の取り過ぎ

 

食べ物で解決出来るのは、この中でも「血行不良」「塩分の取り過ぎ」です。

 

血行不良については、身体の中、特に足で血行不良が起こると本来血液に乗って回収されるはずの不要な水分が回収されなくなってしまいます。

 

また、本来スムーズに流れる血液が溜まってしまい血管を圧迫することで血管表面の眼に見えない小さな穴から血液中の水分が沁みだしてきます。

 

すると、皮膚の下に余計な水分が溜まってむくみが生じてしまいます。

 

塩分の取り過ぎについては、塩分(ナトリウム)を摂取すると身体は塩分(ナトリウム)の7倍の水分を蓄えるようにできています。

 

そのため、必要以上に塩分を摂取すると余計な水分が身体に溜まってむくみの原因となってしまいます。

 

むくみの3つの原因については、それぞれTOPページで詳しく解説しているので、詳しく知りたい人は見てみてください。

 

むくみの解消に効果的な食べ物

ここでは、むくみの解消に効果的な食べ物について紹介していきます。

 

最初にむくみの解消に効果的な栄養素を紹介して、その後その栄養素を含む食べ物について紹介します。

 

ここで紹介する食べ物を普段から意識してとるようにすれば、むくみはだいぶましになるはずなので、是非参考にしてください。

 

さて、まず始めにむくみに効果的な衛勝訴ですが、次の3つです。

 

  • カリウム(利尿作用・塩分の排出を促進)
  • サボニン(利尿作用)
  • ビタミンB1(血行促進)

 

この3つの栄養素と栄養素を含む食べ物について詳しく解説していきますね!

カリウム

カリウムは、身体の中で細胞や血圧の状態を正常に保つ働きのある栄養素でからだに必要不可欠なものです。

 

細胞や血圧の状態を保つために、塩分(ナトリウム)とバランスをとって不要なナトリウムを排出する働きを担っています。

 

そのため、普段から塩分の摂取量が多い人はカリウムを意識してとることでむくみが楽にナルでしょう。

 

カリウムを多く含む食べ物

 

アボカド、ひきわり納豆、ホウレンソウ、里芋

 

サポニン

サポニンは大豆類に多く含まれる栄養素で、抗アレルギー作用や免疫力の向上作用があることが知られています。

 

シニアの方々の中には、健康食品としてサプリメントで摂取している人もいるようです。

 

サポニンには、利尿作用もあり尿で身体の不要な水分を排出することができるのでむくみに効果的と言われています。

 

サポニンを多く含む食べ物

 

大豆、朝鮮人参、ブドウの果皮

 

ビタミンB1

ビタミンB1は私たちの身体を作るために必須なビタミンの1つで、疲労の回復に必要なビタミンです。

 

豚肉に多く含まれることが知られており、お肉をあまり食べない人は不足しがちなビタミンです。

 

血行促進作用があるので、血流を改善してむくみを解消する効果が期待出来ます。

 

ビタミンB1を多く含む食べ物

 

豚肉、たらこ、うなぎ

 

サプリメント限定の成分赤ぶどう葉エキスも凄い!

サプリメント限定の成分ですが、赤ブドウ葉乾燥エキスはむくみへの効果期待度がとても高い栄養素です。

 

赤ぶどうの葉を乾燥させたエキスに含まれるポリフェノールに、静脈血を綺麗にする作用があることが知られています。

 

昔からワイナリーでぶどうを踏む娘の足の美しさは、赤ブドウ葉のお茶や料理によるものと言われているそうです。

 

赤ブドウ葉に含まれトランスリスベラトロール・ケルセチンと呼ばれるポリフェノールに血液をサラサラにして流れやすくする効果があります。

 

また、静脈支持物質と呼ばれる静脈を健康に保つ物質が分解されてしまうのを押さえる働きがあります。

 

参考:アスク薬品株式会社

 

赤ブドウ葉エキスに興味がある人は、安くて続けやすい「すらりな」というサプリメントを試す事をおすすめします。

 

サプリメントにありがちな定期コースの縛りも無く、価格も2500円と安いのでとてもおすすめのサプリメントです。

 

すらりなの公式サイトはこちら

 

むくみの原因となってしまう食べ物

むくみの原因となってしまう食べ物は、ずばり塩分です。塩分を取り過ぎると間違い無くむくみます。

 

というのも、塩分(ナトリウム)には身体に水を蓄える作用があります。身体は、塩分(ナトリウム)に対して7倍の水分を蓄えるようにできています。

 

そのため、必要以上の塩分をとると身体に不要な水分が溜まりむくみが生じます。

 

塩分を沢山とっても、カリウムを摂取すれば身体の外に塩分を排出してくれます。

 

ですが、カリウムによる塩分の排出には1日〜2日程度がかかります。

 

そのため、塩分をとりすぎると翌日や翌々日までは身体がとてもむくみやすい状態になってしまいます。

 

むくみを気にしている人は「ラーメン」「味噌汁」「ポテトチップス」など塩分が多い食べ物は控えるように注意しましょう。

 

むくみ対策におすすめのレシピ

ここでは、むくみに有効な食材を使った日常に取り入れられるレシピを紹介していきます。是非取り入れてみてください。

ほうれん草とアボカドの塩昆布サラダ

含まれている食材

  • アボカド(カリウム)
  • ホウレンソウ(カリウム)

出典:cookpad

大豆と豚肉のひじき煮

含まれている食材

  • 大豆(サポニン)
  • 豚肉(ビタミンB1)

出典:cookpad

大豆・水菜・じゃが芋のたらこマヨ和え

含まれている食材

  • じゃが芋(カリウム)
  • 大豆(サポニン)
  • たらこ(ビタミンB1)

出典:cookpad