長時間フライトを快適に…飛行機での足のむくみの原因と5つの対策!

海外旅行での長時間フライトで一番辛いことと言えば「むくみ」ですよね…!足がパンパンにむくんで痛みを感じる人も多いと思います。

 

じつは、正しいむくみ対策を知っていれば飛行機でのむくみに悩む事はなくなるんです!

 

私も飛行機での正しいむくみ対策を知ってから、ヨーロッパやアメリカへの長時間フライトでの旅行で辛い思いをすることがなくなりました。

 

ここでは、飛行機で足がむくむ原因と5つのむくみ対策について詳しくお伝えしていきます。

 

最後まで読み終えて頂ければ、今後長時間フライトで辛い思いをすることは無くなります。是非快適なフライトを実現してください!

 

飛行機での足のむくみの原因

飛行機での足のむくみ対策を紹介する前に、飛行機でのあしのむくみの原因について紹介していきます。

 

対策を知る前に原因を理解することで、対策法への理解も深まるのでより効果的に活用することができるからです。

 

「そんなことより早く対策方法が知りたい!」という方はここをクリックしてください!

 

さて、飛行機での足のむくみの原因は次の3つです。

 

飛行機でのむくみの原因

  • 気圧の低下
  • 長時間同じ姿勢
  • 極度の乾燥

 

それぞれについて、いったいどういった仕組みで足がむくんでしまうのか解説していきますね。

 

しっかりと理解して、むくみ対策の見出しに進んでください。

 

飛行機でのむくみの原因1:気圧の低下

飛行機は、地上からとても高い位置を飛んでいるため、飛行機の機内は気圧が低い状態です。

 

理由は不明ですが、気圧が低いと血液の循環が滞りがちになります。

 

血液の循環が滞ると、身体中の不要な水分が回収されなくなりむくみの原因となってしまいます。

 

飛行機の機内の気圧は、地上の70%程度しかありません。これは、富士山の5合目(地上から2500m程度)に相当する気圧です。

 

これだけ気圧が低ければ、長時間フライトでひどいむくみに悩まされるのもうなずけますね。

 

飛行機でのむくみの原因2:長時間同じ姿勢

飛行機でのむくみの原因として、長時間同じ姿勢であることもあげられます。

 

人間の血液は心臓の動き+筋肉の動きで体中を巡っています。特に、心臓から離れた足の血液は筋肉の動きの影響がとても強い部分です。

 

飛行機で長時間同じ姿勢でいると、筋肉が動くことも無く血液を正常に循環させることが困難になります。

 

すると、体中の不要な水分を血液が回収することができなくなるのでむくみの原因となってしまいます。

 

飛行機でのむくみの原因3:極度の乾燥

飛行機でのむくみの原因として、極度の乾燥もあげられます。

 

飛行機の機内の湿度は平均して20〜30%程度です。ちなみに日本の冬の平均湿度は50%前後です。湿度20%〜30%が超乾燥状態であると言えますね。

 

乾燥すると、体内の水分が全身の皮膚から発散してしまいます。すると、体内の水分濃度がどんどん低くなっていき防衛本能で身体が水を蓄えようとします。

 

これにより、普段必要無い場所にまで水が蓄えられてしまってむくみとなってしまいます。

 

飛行機でできる5つの足のむくみ対策

ここでは、飛行機でできる5つの足のむくみ対策を紹介していきます。

 

今回紹介するむくみ対策を、しっかり理解して実践すれば長時間フライトでもむくみに悩まされる事はありません…!

 

是非、次回の旅行で取り入れて快適なフライトを楽しんでください^^

 

さて、今回紹介する足のむくみ対策は次の5つです。

 

飛行機でのむくみ対策

  • 着圧ソックス
  • 足首の上下運動
  • 頻繁に立ち上がる
  • 水分をこまめに補給
  • ツボ押し

 

着圧ソックス

着圧ソックスは、最も王道の飛行機でのむくみ対策です。効果期待度も高く手軽なので是非取り入れてください。

 

着圧ソックスは、足首から上にむかって徐々に締め付けが弱くなっているソックスです。

 

この締め付けの力の差がポイントで、血液が滞りやすい足の血流を助ける働きをしてくれます。

 

基本的にむくみの原因は血液の循環不足なので、血流を改善する着圧ソックスは高いむくみ予防効果があります。

 

着圧ソックスは、ハイソックスタイプでもパンストタイプでも効果は変わらないので好きなモノを選びましょう。

 

足首の上下運動

出典:『むくみ体質をあきらめない』 平井正文 廣田彰男 中村正人 鈴木加奈子 共著 出版社:株式会社メディカルトリビューン

足首の上下運動は、足の筋肉の筋ポンプ作用(血液の循環をサポートする作用)を促すむくみ対策です。

 

方法は簡単で、図の様に足を上下に動かすだけです。1〜2分程度をこまめに行うと良いでしょう。

 

こうすることで、血液が溜まりやすい足元の血液循環が改善されてむくみが解消されます。

 

着圧ソックスと併用しても効果的ですし簡単な方法なので、是非長距離フライトに取り入れてください。

頻繁に立ち上がる

足首の上下運動と同様に、筋ポンプ作用を促す方法として頻繁に立ち上がることも効果的です。

 

「原因」の見出しで説明したように、長時間フライトでの足のむくみは長時間同じ姿勢でいることが原因の1つです。

 

頻繁に立ち上がることで、足を始めとした身体全体の筋肉を動かして血流を改善することができます。

 

血流が改善されれば、余計に溜まった水分をしっかりと血液が回収してくれるためむくみが改善されます。

 

水分をこまめに補給

飛行機の機内は極度に乾燥しているので、こまめな水分補給も大切です。

 

「原因」の見出しで説明した通り、極度の乾燥もむくみの原因の1つです。飛行機の機内は冬の日本の倍乾燥しているので、身体から凄い勢いで水分が失われます。

 

そのため、水分をこまめに補給して身体の水分不足を防ぐことがむくみの解消に繋がります。

 

水分をとるときは、一度に大量に飲んでも吸収しきれないので、こまめにちょっとずつ飲み続けるようにしましょう。

ツボ押し

むくみに効くツボを押すことも、むくみ解消につながります。ただし素人のツボ押しは、ツボを的確に押せない場合が多いのでおまじない程度に考えましょう。

 

ツボの場所は、次の図を参考にしてください。

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社