むくみ対策ラボ|むくみの3つの原因と予防&解消法

「夕方の足のむくみが辛い!」「むくみがひどくてマッサージしても全然良くならない」などと悩んでいませんか?

 

それなら、当サイトで紹介している3つの予防法と4つの解消法を活用すれば辛いむくみを解消することができます。

 

なぜなら、今回紹介する方法は実際に私が「本」「ネット」で徹底的にリサーチした上で実際にやってみてむくみを解消できた方法だからです。

 

当サイトでは、むくみがおこる3つの原因と7つの予防法&解消法について、具体的に丁寧に解説していきます。

 

しっかりと最後まで読んでもらえれば、今後むくみで悩む事はなくなるはずです。是非参考にしてください。

 

 

むくみとは?

むくみとは、さまざまな原因によって細胞と細胞の間(組織間隔)に水分(間質液)が過剰に溜まることで引き起こされる症状のことです。

 

私たちの身体の約60%は水分でできていますが、その水分の分布は「ここに何%」「あそこに何%」といった具合である一定のルールで決まっています。

 

このルール通りに水分が分布していることを、医学の世界では「平衡状態にある」と呼びます。

 

平衡状態の場合、身体の中の水分は3分の1が細胞の外に、3分の2が細胞の中に存在しています。

 

細胞の外にある水分の内約80%は間質液です。残りの20%が血液やリンパ液として流れる循環血液です。

 

出典:『むくみ体質をあきらめない』 平井正文 廣田彰男 中村正人 鈴木加奈子 共著 出版社:株式会社メディカルトリビューン

 

血管の中でも細かく体中に分布する「毛細血管」の壁には眼に見えないサイズの穴があいていて、常に水分や栄養素などを出し入れできるようになっています。

 

間質液には、この穴を通って「酸素」「栄養素」「炭酸ガス」「老廃物」などを細胞と血管の間で交換する役割があります。

 

ここで、毛細血管から染み出る水分量と吸収される水分量はつねに同じ量でバランスがとれています。結果、間質液は全体重の約15%の量が常に維持されています。

 

しかし、何らかの原因によって毛細血管から染み出る水分量と吸収される水分量のバランスが崩れてしまうことがあります。

 

すると、皮膚の下に過剰な水分が溜まってしまい、私たちが苦しめられる「むくみ」になってしまいます。むくみの正体は、行き場のなくなった過剰な水分です。

 

あなたの症状が本当にむくみなのか?確認しておきましょう。

 

次の5つのチェックポイントに1つでも当てはまればむくみです。

 

  1. 指で押すとくぼみができ、なかなか消えない
  2. 靴下のゴムの跡がくっきり残る
  3. 靴がきつくなって履けない
  4. 上まぶたから鼻翼にかけて腫れぼったくなり、眼が細くなる
  5. 体重が1日に1.kg以上増える

 

足や顔がむくむ3つの原因を解説

足や顔がむくむ原因は主に3つあります。ここでは、3つの原因をそれぞれ具体的に詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

 

むくみの原因@:血行不良

健康な人間がむくむ最も主要な原因は血行不良(静脈のうっ滞)です。

 

血液には、心臓→肺→心臓→身体→心臓の順で身体中を循環して、細胞に栄養を届けたり不要な水分を回収する働きがあります。

 

そのため、血行不良で血液の循環が悪くなると回収出来る水分の量がすくなくなりむくみの原因となってしまいます。

 

身体の中でも心臓から最も遠い位置にある「足」の血液は、心臓に戻すためにそれなりの力が必要になります。

 

結果、足は血行不良を引き起こしやすく、むくみが起こりやすい身体の部分と言えます。

 

ネット上では「リンパ液の循環不良」もむくみの原因として語られていますが、血行不良と比べると影響は微々たるものです。

 

リンパ液と血液では、血液の方が回収出来る水分の量が圧倒的に多いです。

 

そのため、リンパ液よりも血行不良の改善を優先して考えるようにしましょう。

 

むくみの原因A:筋ポンプ作用の低下

「筋ポンプ作用」とは、筋肉や組織の動きが血液を心臓に送り戻そうとする力のことです。

 

心臓自体のポンプ作用よりも、筋ポンプ作用の方がむくみに対して大きな影響を持っています。

 

そのため、長時間立ちっぱなしなどあまり動かないでいると血行不良が起こりやすく足がむくんでしまいます。

 

「長時間動かない」「筋肉量が少ない」などが筋ポンプ作用の低下につながるので注意が必要です。

 

むくみの原因B:塩分の取り過ぎ

身体はナトリウム(塩分)1[mEq]に対して7[ml]の水分を必要とします。簡単に言うと、身体はとった塩分の7倍の量の水分を蓄えます。そのため、塩分を取り過ぎると身体の中に水分が増えてむくみの原因となります。

 

身体の内側にある水分で、細胞の外にある水分の80%が間質液と呼ばれるものであることは説明しました。間質液の量は、血管に流れる血液の量で調整されています。

 

血液中で、間質液の調整に一番大きな働きをしているのがナトリウム(塩分)です。ナトリウムの量が増えれば間質液の量も増えるし、ナトリウムの量が減れば間質液の量も減ります。

 

最初に説明した通り、身体にはとった塩分の7倍の水分が蓄えられます。そのため、塩分を沢山とれば、身体の中の水分が増えて間質液の量が増えてむくみができてしまいます。

 

腎臓が正常に働いている人の場合、余分なナトリウム(塩分)は徐々に排出されます。ですが、塩分をとって1〜2分で排出されるものではありません。

 

そのため、塩分をたくさんとったあとは喉が渇くことで水分を欲してしまい身体中の水分が増えてしまいます。

 

腎臓が働いて余分な塩分が排出されるまでに1日〜2日は時間がかかるので、塩分はあまり取り過ぎないに越したことはありません。

 

むくみの解消法!むくみ対策5選徹底比較!

「むくみとは何なのか?」「むくみの原因は何なのか?」などがわかったところで、むくみの解消方法や予防法について紹介していきます。

 

今回は、まず4つのむくみ解消法と3つのむくみ予防法を表で徹底比較してから、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

むくみ対策は予防とむくみ解消法の2つにわけられる

はじめに、むくみ対策は「予防法」と「解消法」に分けられます。予防法はむくみを起こさないための対策で、解消法はむくみができてしまったときの対策です。

 

予防法と解消法もどちらにも力を入れるのがベストですが、どちらかと言えば「予防法」に力を入れてむくみ対策をしていくことをおすすめします。

 

解消法はその場限りの対策ですが、予防法はむくみができにくい身体作りに繋がるため最終的に根本的な原因の改善に繋がりやすいからです。

むくみ予防法3つを徹底比較

対策法

費用

手軽さ

効果期待度

むくみサプリ

3000円~6000円/月

食べ物

家庭による

弾性ストッキング

1000円〜4000円/1枚

 

今回は、3つのむくみ予防法を「費用」「手軽さ」「効果期待度」の観点から比較しました。

 

費用が高すぎたり、毎日続けることがめんどうであれば予防法が習慣にならず無駄ですし、効果期待度が低ければやる意味がありません。

 

比較の結果、最もおすすめできるのは「手ごろな価格」「毎日飲むだけ」「効果期待度が高い」の3拍子がそろったむくみサプリがおすすめであることがわかりました。

 

ここからは、むくみ予防法をおすすめ度順に詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

むくみサプリ

むくみサプリは、塩分の排出を促す栄養素である「カリウム」や血流改善効果の高い「ポリフェノール」を主成分としたサプリメントです。

 

むくみの直接的な原因となる「塩分」や「血行不良」にダイレクトに働きかけることができるので効果期待度が高いことが特徴です。

 

食生活の改善と違って、気負い無く毎日気軽に続けられることがポイントです。また価格も3000円〜とあまり高くありません。

 

むくみサプリの中でも、価格が2500円と安価で成分的にも優れている「すらりな」というサプリがおすすめです。是非チェックしてみて下さい!

 

すらりなの公式サイトはこちら

 

食べ物

むくみの原因は血行不良や塩分のとりすぎです。そのため、血行を良くしたり塩分の排出を促す栄養素をたくさんとることでむくみを予防することができます。

 

むくみの予防に効果的な栄養素は次の4つです。

 

  • カリウム(利尿作用・塩分の排出を促進)
  • サボニン(利尿作用)
  • ポリフェノール(血行促進)
  • ビタミンB1(血行促進)

 

これらの栄養素を多く含む食べ物を普段からとるようにすることで、むくみを予防することができます。

 

また、毎日食べ物を工夫するのがめんどうな場合は紹介した栄養素をサプリメントで摂取しても効果が期待出来ます。

 

当サイトでは、毎日無理せず手軽に栄養をとれるサプリメントの使用をおすすめしています。

 

弾性ストッキング

メディキュットなどの弾性ストッキングはむくみ予防に効果的であることがわかっています。

 

弾性ストッキングには、血流を改善する筋ポンプ作用を強くしたり、圧力をかけることで血管からの血液の沁みだしを少なくする効果が期待できます。

 

また、普段履いているストッキングを弾性ストッキングに変えるだけなので続けるのも簡単でとても効果的な予防法です。

 

弾性ストッキングにはハイソックスタイプとパンストタイプがありますが、効果期待度は変わらないので好きな方を選びましょう。

 

弾性ストッキングは、サプリメントや食べ物と比較するとむくみの根本原因の解決には繋がらず、一時しのぎてきな予防法です。

 

そのためサプリメントや食べ物と併用して、むくみができにくい身体ができるまでの予防法として活用することをおすすめします。

むくみ解消法4つを徹底比較
方法 手軽さ 効果期待度
空中自転車こぎ

マッサージ

ストレッチ

ツボ押し

今回は、4つのむくみ解消法を「手軽さ」「効果期待度」の観点から比較してみました。

 

結果、空中自転車こぎが「手軽さ」「効果期待度」どちらの観点からも最も優れたむくみ解消法であることがわかりました。

 

むくみ解消法には、マッサージやストレッチでなく空中自転車こぎを試してみることをおすすめします。

 

ここからは、むくみ解消法をおすすめ度順で詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

 

空中自転車こぎ

出典:『むくみ体質をあきらめない』 平井正文 廣田彰男 中村正人 鈴木加奈子 共著 出版社:株式会社メディカルトリビューン

空中自転車こぎは、図の様に足を持ち上げて自転車をこぐ要領で足を回す運動です。

 

足を心臓より上に上げるため、血液が心臓に戻りやすくなる上に足を回す運動をすることで筋ポンプ作用も働くため強力なむくみ解消効果が期待できます。

 

足を回す速さは1分間に10回程度で大丈夫なので、5分〜10分程度続けることが大切です。

 

空中自転車こぎ運動をやったあとは、あきらかに足が細くなったことを実感できると思います。是非試してみて下さい。

 

マッサージ

マッサージの中でも、リンパマッサージがむくみの解消に効果的です。

 

リンパマッサージでリンパ液の巡りをよくすることで、むくみの原因の間質液が吸収されやすくなります。

 

ここでは、基本的なリンパマッサージの手順を画像で解説していきます。是非参考にしてみてください。

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

リンパマッサージをするときは、なるべく力をいれずに皮膚をなでるように行いましょう。

 

リンパ管は皮膚の浅い位置に張り巡らされているため、比較的弱い力で刺激することができます。

 

すべりを良くするためマッサージクリームやアロマオイルを使うのもおすすめです。

 

ストレッチ

ストレッチはむくみの根本原因の改善になるので効果的
リンパマッサージと比べると手間ではないが毎日つづける必要がある
詳しいマッサージの方法は個別記事
https://yasekore-diet.jp/swelling-leg-stretch

 

ツボ押し

ツボ押しもむくみ解消に効果的です。

 

ただしツボを押すのは難しく、素人のツボ押しはあまり効果が期待出来ません。

 

そのため、おまじない程度に実蹟してみることをおすすめします。

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

出典:『むくみを治す74のワザ+α』 森田綾乃 大手小町編集部 共著 出版社:株式会社 保健同人社

 

おすすめのむくみ対策は「むくみサプリ」

様々なむくみ対策を紹介してきましたが、最もおすすめできるのはむくみの予防法で紹介した「むくみサプリ」です。

 

ここでは、むくみサプリがおすすめできる3つの理由について紹介していきます。是非参考にしてください。

1.価格が安い

1つめの理由は、価格が安いことです。

 

サプリメントってちょっと高いし、購入回数の縛りなどもあって手が出しづらい印象がありますよね。

 

実は、むくみサプリは月2500円〜始める事ができて購入回数の縛りがある商品も少ないんです。

 

ちょっとしたコスメ感覚で気軽に手が出せるむくみサプリはとてもおすすめできるむくみ予防法です。

 

2.手軽に続けられる

2つめの理由は、手軽に続けられることです。

 

毎日の食事を見直したり、帰宅して疲れているのに運動やストレッチをするのはめんどうで続けるのが難しいと思います。

 

ですが、サプリメントなら毎日決められた個数を飲むだけでいいので気軽に続けることができます。

 

どんなことでも、続けることは大切です。たとえ、高価なジムを契約しても続けられなければ何の意味もありませんからね。

 

気軽に続ける事ができるむくみサプリはとてもおすすめできるむくみ予防法です。

3.効果期待度が高い

3つめの理由は、効果期待度が高いことです。

 

むくみの原因は、血行不良・筋ポンプ作用の低下・塩分の取り過ぎの3つです。

 

むくみサプリに含まれる「カリウム」「ポリフェノール」は、3つの原因の内血行不良と塩分の取り過ぎに対して働きかける栄養素です。

 

むくみの原因に対してダイレクトに働きかけることができる栄養素を毎日とることは、とても効果期待度の高いむくみ予防法と言えます。

「むくみサプリ」ランキング!

 

すらりなの特徴

すらりなは、価格が安く定期コースの縛りが無い事が特徴のむくみサプリです。赤ぶどう葉なども含まれており、成分的にも優れたむくみサプリです。安くて効果期待度が高いので、ランキングNo1となりました。

価格 2243円
評価 評価5
備考 初回900円、足指パット付
 
 

するるのおめぐ実の特徴

するるのおめぐ実も価格が安く、定期コースの縛りが無いことが特徴のむくみサプリです。成分的にもあかぶどう葉などが含まれており効果期待度が高いサプリです。価格で比較する、すらりなに負けるためランキングNo2となりました。

価格 2754円
評価 評価4.5
備考 初回980円、2大特典付、30日間返金保証
 
 

むくらっくの特徴

むくらっくも、価格が安く定期コースの縛りが無いことが特徴のむくみサプリです。上位2商品と比べると、主要成分がとうもろこしのひげである点で違います。価格が安く続けやすいのでおすすめのサプリメントです。

価格 2680円
評価 評価4
備考 初回980円
 
 

メグリスの特徴

メグリスは、カリウムやメリロートなどの成分が配合されていることが特徴のサプリメントです。価格が高く、定期コースに縛りがありますが、そこが気にならないのであれば成分的にとてもすぐれたむくみサプリと言えます。

価格 3200円
評価 評価3.5
備考 初回990円,定期縛り3回、サプリメントケース付
 
 

DR'sタイツーの特徴

DR'sタイツーは、医師と薬剤師が監修したことが特徴のむくみサプリです。価格が高く縛りも3回ありますが、ヒハツやハス胚芽エキスなど他とは違った成分が配合されています。価格や縛り回数は気にしないけど、とにかくこだわって作られたむくみサプリが欲しい!という人におすすめのサプリメントです。

価格 5200円
評価 評価3.5
備考 初回990円、定期縛り3回、サプリメントケース付
 

もっともおすすめのむくみサプリは「すらりな」

すらりながおすすめな5つのポイント

 

  1. 価格が安い
  2. 定期縛りが無い
  3. 成分が優れている
  4. 植物由来の5つの成分配合
  5. 特典で足指パットがついている

 

むくみサプリで最もオススメできるのは「すらりな」という結果になりました。

 

すらりなは、価格が安く定期縛りが無いことが特徴のむくみさぷりです。

 

月々2500円で試すことができますが、植物由来の5つの成分が配合されておりとてもおすすめできます。

 

かわいらしいデザインや、特典で足指パットがついてくることも大きなポイントですね。

 

むくみサプリはすらりなを購入すれば後悔することはありません。すらりなで毎日スッキリした毎日を手に入れてください。

 

すらりなの公式サイトはこちら

更新履歴